担当バイヤーが語る 今年の台湾春摘み烏龍茶はここに注目!

5月初め、現地台湾の茶園に赴き、生産者の方と直接交渉を重ねながら買い付けを行った担当バイヤーの杉より、今年おすすめのお茶のイチ押しポイントを詳しく
ご紹介します。

Q.今年の作柄は?

  • 今年の台湾は3〜4月に全体的に雨量も少なく、乾燥した日が続きました。そのため芽吹きの時期が遅れ、台湾各地で茶葉の収穫量が1〜3割程度減少。旬の特徴が表れた良質なお茶は、大変貴重でした。
  • 今年の作柄 イメージ1
  • 今年の作柄 イメージ2
  • 風味の傾向としては、全体的に香り立ちが優しく、平年並みの品質でした。そうした中、私たちは上質なお茶を辛抱強く探し求め、春らしく爽やかな香り立ちの高山茶や焙煎でほっこりとした味わいのお茶など個性豊かなラインアップを揃えることができました。ぜひお楽しみください!

台湾茶の最高峰・高山茶
「爽やかな香りが好き」

梨山烏龍 極品 清香 春摘み

イチ押しポイント

今年の梨山烏龍は、突き抜けるような風格ある青い香りと、澄んだ味わいが特徴。繊細さと力強さを併せ持つ上質な風味は、近年人気の高山茶産地・華崗のお茶が好きな方にもおすすめです。

5月上旬、梨山には連日雨が降り、ほとんど製茶ができませんでした。そうした中、5月中旬まで辛抱強く待ち、待ちに待った晴れの日に満を持して作られたのがこのお茶。私たちバイヤーチームが毎日やきもきしながらやっと出会えた貴重な逸品。お見逃し無く!

梨山烏龍 極品 清香 春摘み
30g袋入 ¥3,200
突き抜ける青く気高い香りと繊細にして力強い味わい。山岳の神秘を感じる威風堂々とした台湾高山茶。

台湾茶の最高峰・高山茶
「華やかな香りが好き」

阿里山烏龍 特級 花香 春摘み

イチ押しポイント

今年の阿里山は雨不足で芽吹くのが遅かったり、剪定して健康な茶葉が育つのを待ったので収穫時期が遅れたりしました。全体の収穫量が減少している中厳選を重ね、今年の春摘み烏龍茶の最後に買い付けたお茶です。

決め手になったのは際立つ凛とした香り。藤の花のような香りが華やかに立ち上り、甘い余韻が口の中に残ります。例年、阿里山ではフルーティーなお茶を買い付けることが多いので、今年は少し変化球です。阿里山好きの方、花香好きの方は、ぜひお試しください。

阿里山烏龍 特級 花香 春摘み
30g袋入 ¥1,800
こぼれんばかりに咲き誇る藤の花を思わせる香りと、甘く清らかな味わい。春のよろこびに満ちた台湾高山茶。

伝統的な台湾銘茶
「日本茶感覚で飲みたい」

文山包種 極品 水仙 春摘み

イチ押しポイント

文山包種の産地、台湾北部の坪林ピンリン は、昨年の冬摘みに続き、今シーズンも特に高品質な作柄に恵まれました。このお茶は、坪林でも生産量全体の20%程度しかないと言われる希少な品種「水仙種」の茶葉だけで作られたもの。品種特有の華やかな香り立ちは、高山茶にも決して引けをとりません!

文山包種は日本茶にも似た爽やかな風味が特徴です。日本人の嗜好によく合うので、目上の方への贈りものにもおすすめですよ。

文山包種 極品 水仙 春摘み
25g袋入 ¥1,350
凛とした一輪の花を思わせるピュアで清らかな香気が魅力。上質感あふれる味わいの伝統的な台湾烏龍茶。

普段使いの台湾茶
「アイスティーで飲みたい」

名間四季春 春摘み

イチ押しポイント

台湾最大のお茶どころ、名間から買い付けたこのお茶は、花束を思わせるような華やかな香り立ちが魅力です。毎年ファンの多いお茶ですが、今年も安定感のある香りで期待を裏切りません。

水出しアイスティーにしてもしっかりと香りが感じられるので、たっぷり作って冷蔵庫に常備しても◎。食事のお供など、日常使いのお茶をお探しの方をはじめ、台湾茶を初めて召し上がる方にもぴったりです。

名間四季春 春摘み
50g袋入 ¥1,080
ブーケのように華やかな香りと爽快な味わいを感じられる台湾烏龍茶。アイスティーにもおすすめ。